暴れ犬マール

飼い主の威厳

犬のしつけか生態か何か忘れたけど犬に関するテレビを帰国中に見た。「飼い主を下に見ているしぐさ」がテーマで3つ確認項目があった。以下をクリアできたらワンコに尊敬されているとのこと。

1.頭をなでたとき耳をペタンを寝かせる
2.後ろに回って軽く腰(お尻)を押すとすっとおすわりの体勢になる
3.肉球を触らせる

番組内でワンコがご主人の言うことはきくけど奥さんのコマンドは無視するという家庭を紹介していてご主人が頭に手を持っていったらワンコはすっと耳を後ろに下げたけど奥さんのときはピンと立ったままだった。

早速、見ながら三項目マールで試したところどれもスッとうまくいきました。母が通りかかったので「ちょっとマールの頭撫でてみて」と母に撫でさせたらマールの耳が普段どおりのまま動かない・・・。「偶然?」と思い、またまたちょうど外から帰ってきた父に「マールの頭撫でて」と父に撫でさせたらちゃんとマールの耳が後ろに下がりました。続いて他の2項目も父は私と同じ結果でした。

「なんなん?」と母が聞くからネタバレしたら「マールはあんたのことを怖がっとんのや。ビクついて耳が下がるんや!」とご立腹。

マールが母を信頼していないとか馬鹿にしているとは思わないけど明らかにマールの中で母だけ違う存在なのは以前から感じていました。というのも私、父、兄が外から帰ってくるとすごく歓迎するんです。父が外のお客さん用のトレイに行って1分後に戻ってきただけでも「おかえり~」と大歓迎しています。兄がお風呂に入りに来るときは毎晩、一人パーティーです。うれしくてたまらないからスリッパ咥えてはしゃぎます。が、母の帰宅には2、3回尻尾を振って終わり。母がスーパーで買い物中、マールとお留守番していました。ガラガラっと駐車場とつなぐ戸が開く音がしたから「マール、お母さん帰ってきたで」と教えると特に急がず普通に引き戸に近づき、鼻で戸を開けました。近づいてくる母に興奮することもなく「あ、おかえり」程度の挨拶。1泊旅行から帰ってきたときもほぼスーパー帰りと同じ程度の挨拶だったらしい。

母いわく「私は帰ってきたときに何もあげやんでな!」
確かに兄は去り際にりんごやブタミミなどマールの大好きなものをあげている。兄が入ってくるとマールにとっては「夜食ターイム!」なわけです。父は以前は「出迎えてくれたんかぁ。ご苦労やったなぁ」と点数稼ぎにブタミミをやっていたそう。それを知った私が激怒して今は、小さなボーロひとつに変えさせました。ちなみに兄との夜食タイムもブタミミはやめさせました。以前は恐ろしい勢いで母から「マールのブタミミが残り少ないのでネットで頼んで」と連絡が来てましたから。

マールにデレデレで言いなりの父が主従関係ができているのはやはり朝晩、父が散歩に連れていっているからでしょうか。母の役目は散歩以外の排泄、耳掃除、シャンプー、定期健診の獣医通いと常にマールの寝床をフカフカにキープ。それから冬の間は夜中まで身を寄せ合ってホットカーペットの上でうたた寝。マールが一緒に居て一番くつろいでいるのは間違いなく母です。多分、マールの中では母は身の回りの世話をしてくれるばあや的な感じで飼い主という存在ではなさそう。

またまたりんごにロックオンのクラリスちゃんとマール。
c0052231_1114012.jpg




[PR]



by gratulerer | 2015-02-09 20:11 | マール | Comments(0)

暴れ犬代表ラブラドールのマールのトホホネタです
by gratulerer
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧