暴れ犬マール

あと半日

ジャパンオープンが約12時間後。ドキドキします。
公式練習を見ると真央ちゃんのジャンプの調子は良いようですが「着物風衣装」というのがちょっと心配。
震災の年に滑ったジュピター風の衣装になるのかな?と思うけど今までいろんな選手がSAYURIとかすべるときに着物風衣装を着てきたけど神衣装だったためしなし。

唯一、バンクーバーオリンピックのアイスダンスのキャシーが来たのはステキだったけどあれはお母さんの本物の着物を切ってアレンジしたって言ってたから・・・。

何はともあれまた真央ちゃんの選手としての演技が見られるのだからそれだけでありがたいと思わねば。
マダムバタフライと聞いて思い出すのはソウルオリンピックの小谷実可子。古い。

そんななか少し前に放送されたバレリーナ吉田都さんのアナザースカイを見る。
49歳。引退して指導したり演出する側にまわってもよいキャリアと年齢だけれどもまだ踊り続けるのは「今だからできる踊りがある」「踊ることがただ好きだから」

なんだか現役復帰を決めた真央ちゃんに通じるところがありまたひとりジーンとする。
真央ちゃん25歳なんてまだまだ若いけど今回ジャパンオープンやこれから始まるグランプリシリーズに出る女子選手の中では最年長。
そう、今だからできる滑りや表現が楽しみ。

一緒にジャパンオープンに出る宮原選手のフリー リストのため息もステキなプログラム。
初めて見たとき「ローリー・ニコルっぽいな。随所に真央ちゃんやコストナーの動き入っとるな。やっぱり、振り付けローリーか。つぎはぎでなくもう少しさとこちゃんにもオリジナリティ出したげて」とも思ったけど。
すごいのは真央ちゃんやコストナーという滑りだけでなく表現への身体能力がすごい選手達と同レベルの振り付けを優雅にまだ17歳でやってのけること。

日本男子は宇野&村上選手。
宇野選手は前も書いたようにフリー、トゥーランドット、滑り込めばすごいプログラムになりそうな予感。
村上選手は「音楽:YOSHIKI」笑 いろんな意味で期待せずにいられない。

そしてジュニアでは楽しみな子が出て来ました。
白岩優奈ちゃん。グランプリシリーズの一戦目に優勝したとき見たフリーの演技ではトゥーループとループの両方をセカンドにつけられることに驚いたくらいでそんなに目をひかなかったけど2戦目のショートで見せた伸びやかな演技がすごく印象に残りました。
「コーチだれ?」と思ったら「出た、濱田コーチ!」
宮原選手に始まり、あの本田兄妹。これから有望な選手をたくさん抱えてますね。

白岩選手のショートプログラム「Over the rainbow」を見ながら「真央ちゃんのジュニア時代のSPもover the rainbowだったなぁ」と何を見ても真央ちゃんに結びつけてしまう自分が怖い。



[PR]



by gratulerer | 2015-10-03 01:22 | フィギュアスケート | Comments(0)

暴れ犬代表ラブラドールのマールのトホホネタです
by gratulerer
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧