暴れ犬マール

コーヒー豆 2

トロントの地元のコーヒーロースター(焙煎)、Pilot Coffeeに行ってみた。
焙煎工場の横にテイスティングカフェを併設。オープンは平日の8時-3時と限られている。

c0052231_01384715.jpg


c0052231_01390009.jpg



テイスティングカフェと言われるだけあり 3 course tasting menu, Trust The Baristaという$12でバリスタが選んだ豆でエスプレッソ、ハンドドリップ、スペシャリティの三種類が楽しめるメニューがある。

三種類がそれぞれ普通の量なのでかなりたくさん飲むことになると言われこれはやめておく。

コーヒー豆を買うのがメインだったので二種類のコーヒーを頼んだ。

酸味が好きではないのでLess acidityでオーダーすると最も酸味が少ないのがエスプレッソ用のBIG BRO。ドリップ用ではグアテマラ産だが多少酸味はあり。基本的にはコーヒー豆は酸味があり酸味も味の楽しみのひとつとのこと。

BIG BROはエスプレッソ用なので味が分かりやすいようにアメリカーノで飲む。
c0052231_01391156.jpg


真ん中の白いグラインダーですべてのコーヒーを一杯ずつ入れる前に挽く。入れ方で豆の細かさを調節。

c0052231_01392015.jpg


カウンターにビルトインになっているエスプレッソマシーン。入れている時、カップの下に小さな計りを置いて入れたエスプレッソの重さをチェックしている。クレマ(液面の泡)でエスプレッソが実際にどれくらい抽出されているか見た目ではわからないので重さを測るそう。実験にしかみえない。

BIG BROは酸味が最も少ないと言われただけありコクがしっかりあってまろやかな味。

続いてドリップ用では酸味が少ないグアテマラ産。こちらはグラインダーでエスプレッソ用より粗めに挽き、こちらでハンドドリップしてもらった。
c0052231_01393419.jpg


これも美味しい。でもコーヒー二杯続けてはちょっときつかった。酸味は感じられるけどちょうどよいアクセントになっている。先のBIG BROに比べてあっさりしているのはやはり入れ方の違いによる。

お友達の家のマシーンはエスプレッソではなくコーヒーメーカーなのでお店で飲んだのとはかなり違う味になるけど今回は最初に飲んだBIG BROを購入。
しばらく飲んでいるけどコーヒーマシーンで入れても十分美味しい。でも全くといって酸味がないし、かなりコクがあるのでたまにもう少し軽くて酸味があるのも飲みたいなと思うときもあり。次回は2つ目のグアテマラ産を試したい。



[PR]



by gratulerer | 2015-10-16 00:50 | カナダ | Comments(0)

暴れ犬代表ラブラドールのマールのトホホネタです
by gratulerer
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧