暴れ犬マール

カテゴリ:未分類( 9 )




アビーと散歩

同僚のワンコ、アビーに会ってきました。以前も登場したゴールデンレトリーバーの女の子。

飼い主であるローリーは10月末に転倒で膝を骨折し今も療養で休職中。彼女は資格取得を目指さなかったので今月いっぱいで仕事復帰することなく退職となります。

すごく思慮深く賢くて物腰がやわらか。もっといろんなことを彼女から教えてもらいたかったのに残念。彼女なら資格試験など余裕だと思ったけどご主人が薬剤師で収入が安定しているから完全にリタイアして好きなガーデニングや海外旅行に時間を費やしたいようです。

ローリーはまだゆっくりしか歩けないのでアビーのお散歩は無理。ご主人のポールも勤務時間によっては散歩に連れて行けない日もあるので週に一度は近所のワンコの預りをしている人に散歩をお願いしているそう。

アビーとは会うのは3回目だけどお散歩は初めて。やはり出かけた直後は家の方を振り返り心配そう。途中からは「今日はこの人が散歩係」とわかったのかぐんぐん慣れた道を進んでいきました。
c0052231_552691.jpg



途中Uターンしてからアビーがスピードアップ。歩道には雪が残りところどころ解けて水たまりがあったり凍っているから早くは歩けない。「Abby Slowly」とへっぴり腰で叫ぶおばはん。すると一応、止まったりスピードをゆるめてくれるアビー。でもしばらくするとまたスピードアップ。家に着いてから「いつもの夕飯時間を過ぎたから慌てたんだと思う」とのこと。夕飯(Supper)は5時。確かに途中で5時を過ぎてしまっていた。

昨日はご主人のポールは風邪気味で散歩なしだったので今日は私と30分以上歩いてアビーとしては満足だった様子。散歩後、お茶しておしゃべりしてたら足元でごろーんとくつろいでました。ケーキがでてきたときはもちろんおねだり。基本的に人間の食べ物は禁止だけどお客さんには例外でもらえるかな?と私にアピール。

ラブラドールのおねだりに屈しない私にはゴールデンのおねだりなどなんてことなし。すがるような眼差しのアビーを前にケーキ完食。

テーブルに近づきすぎて「アビー、おひげがテーブルにのってるよ」とやさしく注意されてました。
二つ目のケーキに手を出す私に今度は前足で私の太ももをちょいちょいと叩いておねだり。すっごいかわいい顔でおねたりだけどそれもスルー。

飼い主さんにはまた是非、来てねと言われたけどアビーから「また来てオーラ」が全く感じられず。そこは鈍感なふりしてまたアビーを連れ出そうと思ってます。
[PR]



by gratulerer | 2015-03-14 10:09 | Comments(0)

アビー

同僚のゴールデンレトリバー、アビーです。6才の女の子。
c0052231_1135624.jpg



スリムな体型を維持してるけどレトリーバーなのでやっぱり食いしん坊。お宅にお邪魔したときはまだ4時過ぎ。彼女の夕飯は早くても5時以降とのこと。なのに飼い主さんが不用意に「夕食(Supper)」という単語を言ったらそわそわし始めました。「あ、言っちゃだめだった。S.U.P.P.E.Rは。」とその後は単語ではなくアルファベット一文字ずつで言ってました。

ちなみにマールのNGワードは『ブタミミ』。母はたまに「ピッグイヤー」とか言ってます。庭で離して呼んでも戻ってこないときは「ぶたみみー」と叫べばどこからともなくダッシュで戻ってきます。

アビーはこの日年に二回のサロンの日でした。シャンプー、ブラッシング、爪切り、トリミングと3、4時間サロンに居たのでちょっとお疲れ。すごく大人しい子で背中をナデナデしてたら仰向けになって「ここも撫でて」とお腹をみせてきました。

人間は大好きななんだけど他のワンちゃんはちょっと怖がって近づけないところやノーリードでも散歩ができるようにトレーニングに通ったけど途中でこの子には無理と諦めて退学したところなどマールに似ているところがたくさんあります。

飼い主さんが会いたくなったらいつでも来ていいよと言ってくれたけど本当に通っていいのかしら?
[PR]



by gratulerer | 2014-05-14 11:54 | Comments(0)

人気のサラダ

ランチに流行っているサラダ。
いろんな種類があるなかでこのケールミックスが人気です。
c0052231_27660.jpg


カットされたキャベツ、ケール、芽キャベツ、チコリとポピーシードドレッシング、そしてトッピングにかぼちゃの種とドライクランベリーがパックされてます。このドレッシングが甘くて美味しい。
c0052231_275181.jpg



ただどうしても中の野菜がフレッシュじゃないんですよね。だから最近は自分で似たサラダを作ってます。チコリはなかなか手に入らないので彩りに紫キャベツを入れたりして。

ランチにこのサラダとクラッカー数枚とヨーグルトだけって人も結構居る。私は当然サンドウィッチとか一緒に食べるけど。
[PR]



by gratulerer | 2014-05-02 12:57 | Comments(0)

ソチ2月22日

真央ちゃんのあのフリープログラムからもう一ヶ月ですね。
おいおい報告していきますが引越しでバタバタしていたのでオリンピックの感想がブチっと尻切れトンボになっていました。

オリンピックの興奮も冷めた今更書くこともあまりありませんが真央ちゃんのフリーは見ると今だ泣いてしまうので人前では見られません。
喜び?感動?どういう感情か自分でもよくわかりませんが「えがった、えがった。よう頑張った」と思いながらいつも見てます。
さてこの涙なしでは見られないフリープログラムを私は絶対に泣いてはいけないシチュエーションで見てしまいました。(つい最近、友達に話したら「なんで後で見ることができないの?」と突っ込まれましたが)

女子のフリーの日は引越しに向けてアパート探し。トロントから200km程離れた場所なので一泊二日で短期決戦です。事前に内覧を申し込んでおきこの日は朝から分刻みのスケジュールでアパートを訪れていました。次のアパートの予約までちょうど一時間あり、目の前にあったマクドナルドへ。真央ちゃんの演技は終わっているのはわかっていたのでオリンピックの公式HPで採点表を確認。採点表から完璧な演技をしたのがわかり「これは見たい!でも絶対感動して泣く。ほぼ白人ばかりの町でアジア人がマクドナルドで携帯見ながら号泣していたら目立ちすぎる。見るべきではない。でも見たい。よし、心を無にして見よう」と動画を検索し、見始めました。
携帯の小さな画面をさらに目を細めてピントを少し合わないようにしてできるだけぼんやり見る努力。押し寄せる感動を「ハイハイ、採点表で全部のジャンプを降りたのは知ってますよ」と余裕を持ってみる努力。最後のジャンプ、ループが決まったとき今まではなかった右手を前にぐっと伸ばす振り付けが不意打ちで感情が抑えきれなくなりそうになると目をちょっとつぶったり。なんとかつつーっと一筋涙を落ちる程度で済ませたと思ったら演技終了直後、まさかの真央ちゃんの涙ですよ。これは慌てて目をつぶり無の境地に自分を追い込みました。(このときの私、絶対仏像みたいだったと思う)

この日の夜、泊まったホテルのテレビで女子フリーのダイジェストが放送されテレビの画面でじっくり見ることができました。放送した選手はオズモンド(カナダ)、真央ちゃん、リプニツカヤ、ソトニコワ、コストナー、キムのたった6選手。カナダ代表はもう一人デールマンが居るのに放送せず。ショート16位、最終順位6位の真央ちゃんを放送したことがどれだけすごい演技だったかを物語ってますよね。

採点とかジャッジに関しては勝手にやって状態なので何も言いませんが、あの真央ちゃんのフリップーループの三回転、三回転でアンダーローテンションを取るのはクソですよ。ゴミ以下。真央ちゃんの演技を見るたび、あのキレイな3-3をURしたかと思うとイライラします。アスリートの血のにじむような努力をポチっとクリック一つ(UR判定)で踏みにじれるんですから。セカンドのループは本当にエレガントですよね。久しぶりに大舞台でトライした真央ちゃんに影響を受けて子供達が挑戦してくれたらいいな。(でもあれでURとられると思ったらバカらしくてコーチ陣は誰もやらせないよね。またイライラしてきた)


真央ちゃんへの注目はオリンピックの前後で特に変わらないとは思うけど、羽生くんが一体どういう扱いに日本でなっているのか気になります。
というのも前もちらっと書いたけどカナダ人の60代の大家さんが団体戦のショートの羽生くんを見てすっかりファンになり、私がエキシビジョンを見てたときなんて「あの日本人の男の子のが出てきたときだけ教えて」と他の選手はすっかり無視。羽生くんの滑りをうっとりしながら見てました。

さらに母が母の叔母(70代後半)と食事に行ったときその叔母が『〇〇ちゃん(私)、トロントに居るんでしょ?羽生くん見たりするのかしら?」と聞いてきたそう。オリンピックで金メダルを獲るというのはすごい注目を浴びることだと思うけど羽生くんの場合は若い女子から高齢女性まで虜にしてしまっているのでしょうか?
[PR]



by gratulerer | 2014-03-20 12:01 | Comments(0)

あらら

アイスダンスはちょっと飛ばして女子というか真央ちゃん

心が痛くてフリーに向けてなかなか気持ちが切替えられない私を助けてくれたのがこれ↓

c0052231_21534714.jpg


c0052231_21534029.jpg


c0052231_21535964.jpg


c0052231_21542087.jpg


朝青龍のツイート!
どうやらこの順でつぶやいたみたいだけどのっけから正直過ぎる。
世界中のスケーターから温かいコメントがよせられてるけど一部の人はいい人ぶってるだけとしか思えない。こちらの文化は「かわいそうな人に優しい言葉をかける自分ステキ」と酔うところがあるからね。(ほとんどのスケーターが本当に真央選手のスケートが好きで応援してるのはわかっています)
そんな優しいコメントよりも一番破壊力があり前向きにしてくれた朝青龍、グッジョブ!

昨晩、佐藤コーチが激おこで真央選手を叱ってくれてたらいいな。真央選手のスケートをさらに進化させてくれた佐藤コーチに感謝しつつ今の彼女に必要なのは優しさではなく叱咤激励。昔、彼女のお母さん、そしてタラソワコーチがしてくれたように。ラフマニノフの強い旋律が助けてくれるはず。燃えよ、ライオン真央!真央ならできる!
[PR]



by gratulerer | 2014-02-20 07:50 | Comments(0)

ソチ2月14日

男子LP(2月14日、そうマッチーからの逆バレンタインの日)そして今回も長くなります。

Pちゃんと今回の採点?に関しては一個下の記事に書いてあります。

羽生選手、凄すぎる。金メダルの可能性もゼロではないと思っていたけれど可能性の問題で獲れるとは思ってませんでした。オリンピックだけは他の試合と全く別物。やっぱり金メダル獲れる選手というのは何かあるんでしょうね。

トリノ(2006年)が終わった後にワンコ友達のももなぷさんからは「これからこの選手が来る」と教えてもらった羽生選手。2010年のジュニア世界選手権で村上佳菜子ちゃんとアベック優勝してからは途中、震災というつらい出来事があったけど立ち止まることなく一気にオリンピック金メダリストまでかけあがりました。

彼の言動は昔から何一つ変わってないけどちょこちょこ「いらっとくるサムシング by弥生さん(あまちゃん)」あると思いません?(羽生ファンに叩かれるか?)
朝ドラのあまちゃんで弥生さん(渡辺えり)が春子さん(キョンキョン)の別れた旦那(尾実としのり)のキャラを説明するとき「なんつっか、いらっとくるサムシングがあるんだよね」と愛を持った言い方でうまく言い表してました。決してディっているのではなく愛すべきいらっとくるサムシングなんですよ。

メダル授与式でちょっとジャンプしながら表彰台に載り、自分の顔がアップでカメラにとらえられているタイミングで口を大きく動かして「ありがとうございました」と日本人なら聞こえなくても口の動きで何を言ったかわかるように。
絶対にこのキャラを彼がなくさないようみんなで温かく見守っていきましょう。

多分、ブログに書いてないけど約1年前、トロントから日本行きの便が彼と一緒になり飛行機のトラブルで空港や国内線に乗り継げなくなって用意されたホテルで何度となく彼に会いました。試合が近いのがわかっていたし自分の格好があまりに汚すぎて「試合前にこんな汚いものを間近で見せてはいけない」と「頑張ってください」と声をかけるのを我慢しました。後、私が声をかけることで周りの人が「え?誰?」となって注目を浴びるのを控えたかったのもあります。今、思えば「声、かけて握手してもらえばよかった・・・」。

芸能人などのテレビで見る人って生で見るとビックリするくらい細いし、キレイだし、顔が小さいって言いますよね?普通の18歳(当時)の男の子でしたよ。テレビの画面で見てる印象と全く同じ。一部「乙女のにおいがする」とも漏れ聞こえてきますが実物をかなり近くで観察した結果は「No」。しつこいようですが「普通の男の子」。まあジェイソン・ブラウンの乙女ぶりを見たあとには誰も敵いませんが。


さて羽生選手はこれくらいにしておいて。

テンくんの銅メダル嬉しかった!SPとLP通してミスが一番少なかったのはテンくんでした。SPの後は「次のオリンピックで頑張って」みたいなコメントを残したけど銅メダル獲るとは。最終グループではなかったけど彼の滑りを見て「あれ?これ相当いい順位に行けるんじゃない?」と思える内容でした。元々3位とはほとんど差がありませんでしたし。これからいろんな選手が引退するなか次の五輪までトップで牽引していって欲しいです。ジャンプと表現力の両方を備えた選手ですから。

ジュベール、アボ、良かったよ。
ジュベール選手、2002年のソルトレークシティオリンピックから変わらずイケメンスケーターのトップに君臨してくれてありがとう。
ジェレミー、エクソジェネシス滑ってくれてありがとう。最後のコレオステップの真ん中でひざまずいて止まる振り付け、あそこでいつもじーんとするのに今回は解説のカートが「このポーズ自分もやってみたんだよ。簡単に見えるだろ?それが簡単じゃなかった」ってやめて笑けるコメント。世界一のスケート技術の持ち主でも簡単じゃないってことを試合の途中であんなにキレイにやってしまうジェレミー。
全くフィギュアを知らない友達に「あの採点を待つ場所で選手の横に座っている人は家族?」と聞かれ「まあ家族がコーチならあり得るけど基本的にはコーチだよね。誰のこと?」と聞き返すと「なんかSPで派手にこけたアメリカ人の横に日本人にどうみても見える女性が座っていてあまりに親密になぐさめていたから奥さんかと思った」とのこと。
「それは真央ちゃんのコーチ佐藤先生のお嬢さんで世界選手権金メダリストの佐藤有香さんでアボット選手のコーチですよ!!!年齢も一回り違うしアボット選手の逆隣りに座っていたのが元旦那のダンジェン氏なっしー!!!」とは言ってませんが、思わずふなっしー化してしまいそうな程びっくりしたなっしー。

まっちー
最初の4Tが惜しかった。あれが決まってたら銅メダルだよね?

ハンヤン(中国)の手の動きがPちゃんと似ている。彼は今後つくコーチやトレーニング次第ではかなりPちゃんに近いスケート技術を得られる素質があると思う。ジャンプも決まったときは高さ、幅ともPちゃん並みだし。そして足元に反比例したかっちかちの上半身の動きが激似。あのアンバランスな上半身と下半身の動きは中国四千年の歴史が生み出すのか?

上記のフィギュアNO知識の友人が「どの人も何が凄いのかちっとも違いがわからない」と言うのでLPをたまたま一緒に夜の録画放送を一部見る機会があり、ちょっと解説。「いわゆるスケート技術は足元で決まるから足元のエッジの角度だけよく見て。Pちゃんはほとんど常にエッジを倒して氷に鋭角で滑っているけど羽生くんは結構フラット(直角)に近いときも多いでしょ?」「高橋選手もPちゃんばりにエッジが傾いているけど彼がすごいのはそれにさらに複雑は上半身の動きを滑らかにつけられるところ。滑っているんだけどどちらかというと常に踊っているといった方がふさわしい」「Pちゃんは一蹴りでどこまでも伸びていくスケート技術が認められているけど残念ながら上半身が手旗信号」等々説明しながらビデオを見たらお友達「ホント、すごい手旗信号」とエッジはよくわからなかったけどPちゃんの動きが手旗信号であることはよく理解してくれました。

さて高橋選手。
もう何も言うことないです。皆さんが感じたのと同じです。いつ見ても「こんなスケーター二度と現れないだろうな」って思う。解説もほぼ黙って見入ってました。途中のサーキュラーステップで「こういうパートは間延びしてしまう(不要に感じてしまう)スケーターもたくさん居るが彼は違う。」とアイスダンスの専門家が言った後、ステップ後のつなぎのほぼ立ち止まってちょっとした振り付けをする高橋選手にカートが言った「Not a note wasted. 」の一言にすべてが集約されていると思います。よく後半ジャンプの点数が1.1倍になる前、みなスローパートを入れて呼吸を整えます。みな正直に休憩タイムと呼んでますが高橋選手にとってもこのパートがそうであったとしてもそう見えない。彼の作品の中の一つの動きも無駄がない。彼を紹介するとき必ず「日本にたくさんのファンが居ます」と言われますが今回は最後に「日本のファンからだけでなく世界中から愛されるスケーターです」と付け加えられていました。

ハビ
おだる。以上。
最後に3S跳んだときカートが「あっ」とため息をもらし、ハビが演技を終えた後、最後のジャンプがザヤックルールにひっかかり点数が全くもらえないことを指摘してました。で、点数が出たら僅差でテンくんの下。最終グループの一番手でまだまだ有力選手が控えていたから「このミスが最終順位にかなり響く」と言われてましたがそのとおり3Sでなく2Aにしといたら銅メダルでしたよね。

ドイツ人
Pちゃんの後でショックで全く記憶になし。

ジェイソン
このリバーダンスプロ、もう最低4回は見てるけど飽きない。全米での神演技を見たから物足りなかったけどキスクラでの乙女は安定の爆発。

私信(ももなぷさん)
羽生くんの三連続の最後3Sのキックアウト(シークエンス扱い)ですが私も後でプロトコル見てビックリ。ハーフループの後、かなりスケートが流れてしまい2Sならともかくよくトリプルまでもっていきましたよね。あれを見たカートは「あれに3Sつけるとは思わなかった」と驚いてました。自分じゃできないと。でもシークエンス扱いになる可能性は指摘せず「いやー、よくやった!」的な感じでしたよ。録画で確認してませんが別にオーバーターンもしてないしハーフループのまま右足でこらえてサルコー跳んでましたよね?
高橋くんの二本目の3A、オーバーターン後つけた2Tはキックアウトされて二本目は3Aのシークエンス扱いになりました。これと同じ扱いではないかと思います。高橋くんの2Tも別のジャンプとみなされたら最後に跳んだジャンプは9本目になってカウントされませんよね?羽生くんも三連続の一つとして跳んだことは認められてるけど連続にはなっていないということで最後のジャンプだけ認められなかったのでは?
完全に跳びなおしと判断され最後のジャンプが9本目になってキックアウトされたのがジェイソン。彼が後半で2A跳ぼうとしたとき一瞬詰まり、でもそのまままた2A跳びました。この時もカートは「よくあの後跳んだね」とガッツを褒めていて最初の詰まって跳べなかったのもすでにジャンプ1回とカウントされるとはカートも予想できなかったみたい。この羽生、高橋、ジェイソンの三人の採点から判断すると連続ジャンプを試みて途中にターンが入りすぎたり流れが完全に途切れたと判断された場合は後につけたジャンプを無効で点数がシークエンス扱いで八掛け(七掛けでしたっけ?)。後のジャンプは跳ばなかったと判断される。ジェイソンみたいに最初のジャンプを2度試みたら2回分とカウントされてしまいその後も普通に跳ぶと最後のジャンプがカウントされない。といったところでしょうか?今回のジャッジは連続ジャンプのつけ方には厳しかった気がします。高橋くんの3A-2Tあれで連続ジャンプとみなされる場合も多々ありましたよね?

明日はついに女子!
まだアイスダンスの感想書いてないよ!

ここですごい法則を見つけてしまいました。私の見つけた法則によると村上佳菜子選手がなんらかのメダルを獲る!
2010年のジュニア世界選手権注目していて全種目見ました。だから誰がメダリストだったかは覚えています。そしてこの時表彰台にのった選手は今のところ、ペア、男子、ダンスとすべて表彰台にのっているんです。
ペア:ストルボア・クリモフ組銀メダル(2010年ジュニアワールド3位)
男子:羽生金メダル(2010年ジュニアワールド1位)
ダンス:イリイヌィフ・カツァラポフ組銅メダル(2010年ジュニアワールド1位)

で、女子は前述のとおり佳菜子ちゃんが優勝し、2位、3位の選手は今回オリンピックの代表になってません。ということはこの法則に該当できるのは佳菜子ちゃんだけ。まあ、ペア、ダンスはメダルの価値がある素晴らしい演技でしたがどちらもロシアのペアでこれがロシア開催でなかったらここまで力を発揮できなかったかもしれません。佳菜子ちゃんには頑張って欲しいけど同国から二人も表彰台に開催国でない限りまずのれないのでそうなると・・・。以下自粛。

そしてまたやってしまいました。女子LP日。一日外出。私に女子の結果をメールで知らせたりしないでください。
[PR]



by gratulerer | 2014-02-17 02:00 | Comments(0)

激うまバーガー

最終回の前日は婆フュームにくぎづけ。ちゃんと弥生さん→のっち、美寿々さん→かしゆか、眼鏡会計ババア→あーちゃんってわかったし。


実習、試験を終えてやっと友達と会ったり買い物したり外食したりと人間らしい生活が送れるようになりました。

先日、街中でふと見かけたバーガー屋に何故かすごく惹かれふらっと入店。
「毎日店で牛肉挽いてます」「注文されてから一つ一つ作ります」てなことが看板やウィンドウに書かれてます。
c0052231_11545059.jpg



さらにまだ5時台というのに人が引っ切りなしに入っていく。
これは挑戦せねばと入ったところ小さな店の中はいくつか置いてある椅子は満席。さらにオーダーする人で行列。訳もわからず最後尾に並んだらそこはオーダーを終えバーガー待ってる列でオーダー担当のお姉さんに呼び止められました。
壁のメニュー見てビックリ。バーガー一個どれも約10ドル。一番シンプルなチーズバーガーを頼んだけどそれでも6ドルはしたかな。
出来上がりを待つ間、網目状のついたてで詳細は見えない厨房を覗いていると本当にオーダーを受けてから一つ一つ作っている。モスと一緒ですね。
しかもすごい速さと記憶力でいろんなバーガーを作っていきます。
運良く1つ席が空いていたのでそこで出来立てをかぶりついたらほっぺた落ちそうなくらい美味しかった。
肉がジューシー、パンがしっとりとしてちょっと甘いんです。炭水化物魔王の私は肉じゃなくてパンをダブルにできないかと思った程。
ほとんどの食べ物が日本で食べるよりまずいカナダで久しぶりにこの味は日本にない!と思ったくらい。

で、なんと翌日も同じ店に行きました。やっぱり一人で。
2度目はちょっとリサーチして「Priest」と店の名前がついたバーガーをオーダー。シンプルなチーズバーガーとの違いはポータベッラという巨大キノコのチーズフライが追加で挟んであること。揚げ物だし、チーズがトローっとフライ中から出てくるのでかなりのボリュームでした。

美味しかったけどくどかったかな。シンプルなバーガーの方が好きでした。

ファストフードではなく少し手の込んだバーガー専門店があちこちできているらしいので別の店も開拓予定です。
[PR]



by gratulerer | 2013-09-25 13:37 | Comments(0)

さようなら2012

日本はいよいよあと数時間で年越しですね。
こちらは大晦日も普通に仕事。まったくお正月を迎える感じがしません。

カレッジを卒業してからの半年間は働いているもののなんら得ることがなくここ2週間であまりのこき使われっぷりに3回風邪をひかせて頂いたくらいでしょうか?
来年は「脱・奴隷生活」目指して計画的にいきたいと思います。
2月初旬に2週間帰国、3月に試験があるためそれらが終わってからになりそうです。

振り返ると今年は悲しい別れがたくさんあった1年でした。
3月に札幌のロワちゃん(9歳)、10月にはトロントのギズモ(10歳)、そして12月にホームステイでお世話になった先の猫ちゃん(9歳)。みんなガンが原因です。胸にぽっかり穴が開くことが多い1年でした。

私事では特になんの変化も振り返る必要もない1年間だったので芸能界でも。

今年一番毎週楽しみに見たドラマは「リーガル・ハイ」かな。
あと意外に最後まで完走(視聴)できたのがキムタクの月9。ただ後半はずっと「2日間温度が冷めない魔法瓶って要るかぁ?」とずっと疑問に思いながら見てました。ポットのお湯は毎日換えたいですよね。

今年ブレイクした人としてつい最近知った「ゴールデンボンバー」ぐぐって歌う映像見たらあの白い顔の人よりボーカルの人のすきっ歯に目が釘付けでした。
いやだわ、人の歯並びが気になるようになるなんて私もすっかり北米にかぶれたもんです。

年の瀬に飛び込んできた社内恋愛アナウンサー同士の結婚。「あの人、そんなところで手を打つんだ」となんだか意外でした。すっごいお金持ちの実業家とかも余裕で落とせそうですもんね。会社としては「勘弁してくれよ」という感じでしょうがやはり女性の方が早々にフリーに転向するのかな?

それではみなさんよいお年を。
(最後に昨日洗ってもらってすっきり年を越すマール)
c0052231_1410577.jpg

[PR]



by gratulerer | 2012-12-31 14:18 | Comments(0)

発砲事件

トロントの中心のショッピングマールで発砲事件があり日本でも報道されるかもしれないので念のため「無事です」と報告しておきます。

土曜の夕方起こり、6人撃たれ、1人亡くなったそうです。犯人は逃走中。
私はというと今日は1日中、寝てました。
実は最近働き始めて平日毎日8時間働いているので週末はバッテリー切れです。

友達の誕生日ディナーに誘われたけどあまりに疲れきっていて行けなかったんです。
ディナーの場所は発砲事件のすぐ近くではないけど街中だったので出かけていたらそのモールに買い物に立ち寄っていたかもしれません。

それでは、寝ます。
[PR]



by gratulerer | 2012-06-03 13:57 | Comments(1)

暴れ犬代表ラブラドールのマールのトホホネタです
by gratulerer
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン

ブログジャンル

画像一覧