暴れ犬マール

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧




ただいま

5年分の荷物を大きなダンボール箱一つ、スーツケース二つ、機内持ち込みの大きめのナイロンバッグ一つにまとめる。
(教科書類は友人宅に置かせてもらいましたが)

税関で別送品があることを伝えた時中身を聞かれ「5年住んでいて帰国した荷物なので主に衣類や書籍です」と答えると「えっ?1箱ですか?みなさん駐在とかされて戻られると何十箱も送られるので…」とかなり若い男性の係員に失笑される。

少ないとは言え、スーツケース2個は移動が大変。そんなスーツケースを抱えて右往左往させられるところでした。

初夏のプリンスエドワード島への旅行ではオーバーブッキングで勝手に一つ後の便に変えられそうになったエアカナダ。

今回は羽田に着いた後の国内線を勝手に翌日に変えられてました。
チケットを取ったのは6月。そして9月に突然「フライト変更お知らせ」メールが届き国内線がANAから JALに変更されていました。ANAだと乗り継ぎ時間が短くかったので約1時間遅いJALに変わったのは悪い変更ではありませんでした。

そして出発前日、念のため…と変更されたチケットを凝視すると国際線の羽田着と国内線の羽田発の日にちが違うではないか!
もちろん最初に予約したANAは当日乗り継ぎです。

気づいたのが前日のため、日本のコールセンターが朝9時になるのを待って電話。
JALの同日乗り継ぎの便に空席があったのでそちらに振り替えてもらい事なきを得ました。
最終確認しなかったら、羽田の乗り継ぎカウンターで「お客さま、こちらは明日の便ですよ」と言われたことでしょう。

いくら変更のお知らせを送ってきたとは言え、時間変更だけではなく日付まで変わっているのをしれっとメールで送りつけてくるエアカナダ。

事情は元のANAの国内線が時刻表見直しで出発時間が変わり早まったため国際線からの乗り継ぎが不可能に。そこで別の国内線が割り当てられたらしいけど何故、翌日…。当日乗り継ぎの便に空席があるのに。

コールセンターに電話をかける前は、
1. 同日乗り継ぎの便になんとこ乗せてもらう
2.新幹線で帰る交通費とスーツケースの配送費を支払ってもらう
3.上の2つが無理なら羽田にホテルを取ってもらう
これらのいづれかをちゃんとやってもらわんと!と鼻息荒かったです。

何はともあれ、同日に乗り継ぐことができ無事、マールに予定通り再会。

母が一週間も前から「一週間後に帰ってくるで」とマールにカウントダウンしていたらしいので、マールを混乱させたくなかったし。母のカウントダウンがすでに十分マールを混乱させていたけど。

「あんたが帰ってくると言ったら喜んだけど、一週間後と言ったら意味がわからず困っとった」と送ってきた写真。

何故、すでにクリスマス…
c0052231_05285325.jpg



[PR]



by gratulerer | 2015-11-05 05:12 | マール | Comments(1)

暴れ犬代表ラブラドールのマールのトホホネタです
by gratulerer
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧